空港で荷物を捨てることになった男性が号泣した理由とは?

その男性は目に涙を浮かべていた… 

ご存じの通り、空港には厳しいルールがあります。それは、フロリダ州のセント・ピーターズバーグ・クリアウォーター空港も同様。この空港で、ある男性が荷物を捨てなければならず、号泣します。そこに居合わせたリコ・バンクストンさんとイベリス・ヘルナンデスさんが彼の元に向かい、なぜそんなに悲しんでいるのかを聞くと…

普通のフライト 

イベリス・ヘルナンデスさんは定期的に飛行機を利用しており、今回のフライトがそれほど特別なものだとは思っていませんでした。いつもボーイフレンドのリコ・バンクストンさんが空港まで連れて行き、あの日もそうでした。二人がセキュリティチェックに並んでいるときに、彼女は奇妙なことに気づいたのです。 

セキュリティ 

セキュリティチェックを受けることは、飛行機に乗る際にもっとも面倒なことのひとつですが、その日の手荷物検査がいつもより時間がかかったのが印象的だったと回想しています。それは、彼らの前に並んでいた一人によるもので、彼は検査に通らないものを所持していたのです。 

禁止アイテム 

警備員によると、その男性は機内に持ち込めないものをバッグに入れていたらしく、イベリスさんとリコさんはその中身を見ることができなかったものの、男性が荷物を置いていくことに対して感情的になっていることに気づきます。その禁止品が危険なものだとは思わなかったのでしょう。しかし、アメリカでは9.11以降、手荷物のルールが大幅に強化されており、「危険だとは思わなかった」という主張は通用しません。 

ゴミ箱 

男性はしばらくの間、懇願していましたが許してもらえるわけもなく、機内に持ち込めません。警備員は、その荷物を近くのゴミ箱に捨てていいかと尋ね、そこで男性はある行動を取ります。 

感情的になっている男性がセキュリティを通過すると、今度はイベリスさんの順番、セキュリティを通過する前に、彼女はボーイフレンドに不思議なお願いをすることにしました。 

イベリスさんが彼氏に何をお願いしたのか、パッケージの中身が気になりませんか?次のページをご覧ください。 

救出された荷物 

2人は男性に同情し、なんとかできないかと考えます。そのため、別れ際に捨てられた荷物の中身を探るよう彼氏に頼んだのです。リコさんは飛行機に搭乗する訳では無いので、荷物を持ち帰ることは可能。ゴミ箱から荷物を取り出すことにしたのです。

好奇心 

もちろん、イベリスさんが荷物の中身が何なのか気になっていたことも理由で、着陸後、すぐに携帯電話を開き、作戦が成功したかどうかを確認します。その際リコさんが送った写真を見て、空港の男性が何をそんなに悲しんでいたのかがわかったのです。  

残念な結果に 

リコさんはイベリスさんを空港に送った後、家に帰ってすぐに荷物を開けました。空港での騒ぎを考えると、何か特別なものが入っているのではないかと期待していましたが、中身はスノードームという残念なものだったのです。 

スノーグローブ 

スノードームは、最初はちょっとがっかりしたかもしれないが、リコさんはすぐにその裏にある価値を発見します。二つの写真があり、ひとつは小さな女の子、もうひとつは年配の夫婦のものでした。それだけではありません、スノードームからは「グリーンスリーブス」という曲が流れ、「We love you Katie」という文字が刻まれていました。 

2人は、何か行動を起こさなければならないと考えます。スノードームがどうなったのか知りたいですか?次のページから読み進めてください。 

所有者探しの旅 

イベリスさんが旅行から帰ってくると、2人はスノードームの持ち主を探そうとしました。もちろん何の手がかりもなかったのですが、スノードームには、持ち主の大切な思いが込められているはずだと思い諦めることはありませんでした。しかし、何の手がかりもない中での捜索は困難を極めます。 

フェイスブック 

まず、Facebookで検索を始めることにし、自分が知っている限りの情報をFacebookで発信しましたが、リーチできる人数は少ないため期待薄。スノードームについて知っていることをすべて記載したものの、見通しは暗いものでした。ただ、このメッセージがバズるなんて、この時2人は思ってもいませんでした。 

ホットな話題に 

2人は明らかにインターネットの力を過小評価していました。この投稿は、48,000回以上もシェアされるほどの大反響を呼び、数は増え続ける一方で、家族を知る人からの反応はありません。そこで、Things Remembered社の従業員から、「自分が働いていたところで、同じようなスノードームを売っていた」という手がかりを手にします。 

ひとつの手掛かり 

意外な角度から、2人は大きく前進し、直接的な関係はないかもしれないものの、ひとつの手がかりを手にします。彼女は、スノードームの写真を本社に送ることにし、本社はそのスノードームを注文したリンダ・モドリーという名前を突き止めたのです。 

次のページでは、そのスノードームにまつわる物語をご紹介します。 

孫娘ケイティ 

リンダ・モドリーさんは、5歳の孫娘ケイティちゃんにスノードームを注文。しかし、残念ながら空港で捨てられてしまい、プレゼントを受け取ることができませんでした。ケイティちゃんの父親であるマイケルさんは、祖父母に会いに行ったときに持っていくつもりだったのです。 

連絡を取る 

一方、イヴリースさんとリコさんは、ある名前が浮上したことに喜び、2人はリンダさんが自分たちと同じ地域に住んでいることもわかります。イベリスさんとリンダさんは連絡を取り合い、会うことにしたのです。 

地元の放送局 

このFacebookの投稿は、その後、大きな反響を呼び、地元ニュースもこの話を取り上げ、記事にすることにしました。カメラに囲まれたリンダさんは、イベリスさんの家を訪れます。  

対面 

スノードームを返すことが、二人にとって大きな意味を持つことがすぐにわかりました。玄関のドアが開き、彼女たちは抱き合い、号泣します 

リンダさんによれば、もうすぐケイティちゃんの誕生日で、このタイミングは完璧だったと言い、スノードームは最高のプレゼントとなりました。この時イベリスさんは、はじめてスノードームに隠された本当のストーリーを知ったのです。 

本当のストーリー 

スノードームに書かれている日付は、生年月日ではなく、ケイティちゃんが養子として迎え入れられた日を表していたのです。このスノーボールは、ケイティちゃんが新しい家族に歓迎されていることを伝えるためのプレゼント。これにはイベリスさんも感動し、ひとつのスノーボールが、家族全員にどれほどの影響を与えたかを知ることができたのです。 

素敵な反応 

任務を終えたイベリスさんとリコさんには、たくさんのメッセージが届き、自身もこの出来事に誇りを持って振り返っています。小さな行動が大きな美しい結果をもたらすということがわかるストーリーですよね。 

引用元:https://www.tipsandtricksjapan.com/%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%ef%bc%86%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3/airfield-find/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント