小学4年生の書いた「お嫁さん」と題した作文。溢れんばかりのセンスに大反響を呼ぶ

皆さん、小学校のことは作文は好きでしたか?自分の考えを表現するのは簡単なことではなく、幼い頃からの練習が必要です。そのため、小学校などでは作文の書く授業があり、得意でない方はこの作文に苦しめられたのではないでしょうか。

そんな作文ですが、ある小学4年生が書いたものが達観しすぎているとTwitter上で大きな話題を集めているようです。投稿したのはTwitterユーザーのachiyun (@gmm_____s)さん。たまたま手元にあった『子どもをしあわせにする「笑う子育て」実例集』に載っていた作文がとても秀逸だったために、Twitterに投稿すると大反響を集めることに。今回、そんな大反響を集めた小学4年生の作文をご覧ください。

これは凄まじいセンスを感じます…!!この投稿を見たユーザーからは様々な声が寄せられました。

若くして真理に到達したな。(コロンビアのポーズ) https://t.co/CUZ5q4GrRr

— 四ツ谷十三@積み本とゲーム消化中 (@planetb1998041a) 2017年2月9日

これがサトリ世代なのか… https://t.co/F05pYB0MrB

— てくのろいや (@Teknoroia) 2017年2月8日

小学4年生にて、この達観さは将来が楽しみですね…!

引用元:https://cadot.jp/topics/41775.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント