人生の半分は19歳で終わってる?「時の流れが速い」と感じる人に知ってほしい”ジャネーの法則”って?

大人になってからというもの、子ども時代より時間の進む感覚が異様に速い、と感じる方は多いと思います。子どものころの一日は長く濃密で新しい出来事に満ちていたのに、年を重ねると「気が付けば一年が過ぎてる!」と驚いてしまうこと、ありますよね。

これは人間の体感速度が一定ではないため、大人になれば誰しも経験する現象。実はこの体感速度に関して、とある法則が存在するのですが、この法則が結構衝撃的なのです。その法則によれば、なんと…「体感では19歳で人生の半分が終わる」とされているのです!この法則は「ジャネーの法則」と呼ばれ、19世紀のフランスの哲学者ポール・ジャネが提唱したとされています。例えば…50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する

つまり、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たる

というのです。言葉だけだと少しわかりにくいですね…。このジャネーの法則をTwitterユーザーのTESCOさんがイラストにてわかりやすく解説してくださっていますので、イラスト付きでご覧ください。

まずは先に紹介したジャネーの法則の概要

子どものころは何をするにも新鮮に感じることができたけれど、大人になってからはそれが難しくなります。すると時間の経過が速く感じられるように。防止するには、やりたいことを率先してチャレンジしていくことなのだそう。

今は余裕がないから、と後回しにすると、このように後悔することが…。人生一度きりと理解して、前向きにどんどん新しい楽しみを見つけていくことが、大事なのですね。TESCOさんのイラストからはジャネーの法則の解説だけでなく、「チャレンジは悪いことじゃない!億劫がっていては損をするだけ」とエールも、いただいているように感じます。一年が終わるのがあっという間と感じている方は、このように自分が「楽しい!」と素直に思えることにチャレンジしてみてはいかがでしょう?そうすれば、子ども時代のあのワクワク・キラキラとすべてが輝いていた毎日を取り戻せるかもしれませんね。

引用元:https://cadot.jp/topics/41717.html,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント