iPhoneに隠しコマンドが発見される…超便利だと話題に…

隠しコマンドとはiPhoneの電話番号記入画面で隠された記号と数字を記入して「発信」ボタンを押す事であらゆる隠されたアプリやモードが起動するというもの。

隠しコマンドは説明書にも書かれておらず、アップルの公式サイトにも書かれていない。

今回はそんなiPhoneの隠しコマンドを紹介します。

iPhoneに隠しコマンドが発見される

iPhoneの電波強度は通常、5段階の「●(黒い丸)」で表示されます。

電波が強いと「●●●●●」で、弱いと「●○○○○」のような感じです。

実はこのiPhoneの波表示を数値化する方法があります。

1.まずは電話アプリを起動して「*3001#12345#*」へ発信します。

「*3001#12345#*」へ発信するとField Testという画面が表示されます。

この画面が表示されると一時的に左上に表示されている電波強度のアイコンが数値に変わります。

このままホームボタンを押して戻っても、設定は変更出来ませんので注意してください。

2.Field Testが表示されたら、スリープ/スリープ解除ボタンを長押しします。

しばらくすると電源OFFの画面に切り替わります。

3.電源オフ画面が表示されたら、スリープ/スリープ解除を離します。

4.次にホームボタンを長押ししてください。

5.5秒ほどホームボタンを長押しすると、ホーム画面に戻ります。

これで設定は完了です。

アイコンだった電波強度の表示が数値に変わります。

電波強度の見分け方

電波は-51〜-121の範囲内で表示されます。

数値が少ない方が電波が強い、と覚えておくとよいでしょう。(マイナスは忘れてください)

知らない人からは「えっ、なんで電波が数字なの!?」と、きっと驚いてもらえると思います。

という人は設定を変更しておくとよいでしょう。

その他の隠しコマンド

*#06#IMEI(端末識別番号)を表示。通信事業者のネットワークで端末を認識させる際に使用

*777#プリペイドのiPhoneで利用可能残額を表示

*225#支払い状況を表示(前払い)

*646#通話できる時間を表示(前払い)

*#21#通話やデータ通信など※自動電話転送(転送電話)が利用可能か否かを確認することができる。

*#30#発信者番号通知の状態を確認することができる

*&76#ネットワークに接続が可能か否かを確認することができる

*#43#割込通話の状況を確認することができる

*#61#自動電話転送(転送電話)の設定。応答しない時の状況を確認することができる。

*#62#自動電話転送(転送電話)の設定。応答ができない時の状況を確認することができる

*#67#自動電話転送(転送電話)の設定。ビジー時の状況を確認することができる

*#33#発着信規制の設定を確認することができる

*#06#IMEI(端末識別番号)を表示。通信事業者のネットワークで端末を認識させる際に使用する

*#30#発信者番号通知を確認することができる

*#43#割込通話の状況を確認することができる

*43#割込通話の設定。アクティベーションの設定を完了

#43#割込通話の設定。アクティベーションの設定を解除

**04*古い暗証番号*新しい暗証番号*新しい暗証番号#…暗証番号の変更(PIN1)

**042*古い暗証番号*新しい暗証番号*新しい暗証番号#…暗証番号の変更(PIN2)

*#746025625#SIMクロック停止モード。SIMクロック停止モードをサポートしているか否かを確認できる。iPhoneがアイドル状態になりバッテリ寿命をのばすがSIMクロック停止となるのでデメリットもあり

*3370#Enhanced Full Rate(EFR)に切り替える。音質は向上するが、バッテリ寿命が短くなる

#3370#EFRをオフにする

*4720#Half Rate(HFR)をオンにする。ERAの反対

#4720#HFRをオフにする

*21#自動電話転送(転送電話)の設定。かけた電話を転送する

#21#自動電話転送(転送電話)の設定。かかってきた電話を転送する

**21*自動電話転送(転送電話)の設定。かけたい電話番号をプログラムする

###21自動電話転送(転送電話)の設定。転送を完全に解除する

*#21#自動電話転送(転送電話)の設定。すべての通話の状況を確認することができる。

**61*かけたい電話番号**5~30秒#自動電話転送(転送電話)の設定。**61*の後にかけたい電話番号と**を入力し秒数(5~30秒)を入力する。その後に#を押す。すると、設定した秒数(5~30秒)後にコールした後に転送される

**67*かけたい番号#**67*の後にかけたい番号を記入して#を入力すると、かかってきた電話が転送される

*67#転換

#67#モードオフ

##67#消去

*31#発信者番号を通知する

#31#発信者番号を非通知にする

*#5005*86#番号を持っていれば、現在のメールボックスの設定を確認することができる

*5005*86*#xxxxxComboxのメールボタンを有効にする。xxxxxはメールボックスの番号

*646#1分間の電力消費量をコントロールする

*135#自分の電話番号を表示する

*33* 着信拒否したい電話番号 #ロックコードを入力すると着信拒否ができる。ロックコードはネットワーク・オペレーターに尋ねよう

*#33解除する

*#33#状態を確認する

*331* 着信拒否したい電話番号#海外からの電話を拒否したい場合はこちら。ロックコードが必要なのでネットワーク・オペレーターに尋ねよう

#331* barring code#解除する

*#331#状態を確認する

*#5005*7672#SMSセンターを確認する

*5005*7672*xxxxxxx#SMSセンターを再開する。xxxxxxxはSMSセンターの番号

#3001現在地がプラチナバンドに対応しているかどうかを確認可能

ネットでの反応

引用元:https://kwsklife.com/iphone-hiddencommand/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント