「ダサい名前!」キラキラネームが増える中、元ヤン夫婦が子どもにつけた普通の名前。その理由が正論すぎた

近年、度々話題にあがる「キラキラネーム」先日も2016年に最も人気のあったキラキラネームランキングが発表され、話題を集めました。

1位 唯愛(いちか、ゆめ)2位 碧空(みらん、あとむ)3位 優杏(ゆず)

普通ではなかなか読むことができず、多くの人がこの名前の読み方を間違えてしまうのではないでしょうか。現在のブームともいえる「キラキラネーム」ですが、とても若いご両親たち、かつ若い頃にヤンチャをしていた方々のお子さんに名付けられることが比較的多いよう。しかし、ある元ヤン夫婦は「キラキラネーム」を名付けることなく、よく見かける普通の名前を名付けました。その理由が真っ当すぎて、多くの方の心に深く刺さり称賛されることに。この元ヤン夫婦が我が子につけた名前は一体?

ある同窓会での出来事。周りも結婚、出産をしているため、会場では子どもの名前で大盛り上がりをみせていたとのこと。そこであげられていた名前は「ルキアちゃん」「マロンくん」などのキラキラネームばかりだったそうです。しかし、クラス1の元ヤン夫婦が子どもに名付けた名前とても渋く、いい意味で古風な名前を名付けていたとのこと。その名前について、

「ダサい」「地味じゃない?」

など非難轟々だったのだとか。おそらく、友人たち一同は流行りの「キラキラネーム」をつけると思っていたのでしょう。しかし、彼らがキラキラネームを名付けなかったというのはこんな理由があったのです。

この元ヤン夫婦が息子にキラキラネームをつけなかった理由とは、

「だって、変な名前つけて子供に報復されたらいやじゃん?ウチら夫婦の子供だから、手とか出されたりしたらいやだし。」

「それに、子供にこうなってほしいって付けたから。音は古いけど、そんな犬みたいな名前をつけたオマエラよりは絶対子供に感謝される自信がある。〇〇を笑うのは違うよなー。将来考えてるよ。」

とキラキラネームではない名前を名付けたこと両親をフォローしながら、キラキラネームであることの恥ずかしさなどを言及したのです。「報復されたら嫌」という元ヤンらしい理由ではありますが、この言葉の意味には「子どもが嫌な思いをする可能性がある」と込められているのでしょう。非常にしっくりくる言葉ですね。以前、ご紹介しました「ビートたけしがキラキラネームについて一蹴「さすが世界のキタノ」「おっしゃる通り!」と共感」でも、たけしさんがキラキラネームについて言及しています。

私たちが幼い頃も、変わった名前をつけられた子どもたちが学校でいじめられていたり、名前をもじってあだ名をつけられていたりしました。そんな辛い経験をしないでほしいという親の思いがひしひしと伝わってきます。とはいえ、時代の流れと共に、名前の流行が変わるのも事実。

現代の名前は、「親の願い」が込められた名前が付けられていましたが、近年は「名前の意味」よりも「音の良さ」「目立つ」かどうかなどの基準で名前をつける親が増えてしまったようですね。名前は一生使うもの。付けられた名前を変えることも困難な現状、親が名付ける名前は非常に責任が重いのです。一時の流行に惑わされず、子供達の将来を考えた、親としての責任を果たせるような名前を付けていって欲しいものです。

引用元:https://cadot.jp/topics/41783.html/1,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント