宮迫と手越…ユーチューバー転身コンビの誤算~銭で見えてくる『テレビ・芸能マル秘報告書』

こんな展開になるとは想像もしていなかったはずだ。芸能界から引退し、ユーチューバーに転身した宮迫博之と手越祐也が想定外の事態に見舞われている。

「2人に共通しているのは、テレビに出演できなくなったことです。ユーチューバーになって話題となれば、黙っていてもテレビ局からのオファーが殺到すると考えていた。しかし、いくら待ってもオファーは来ない。予想だにしなかった展開に頭を抱えているんです」(芸能プロ関係者)

YouTubeで月に1000万円近くの収入があるといわれている宮迫と手越。なぜ、テレビ出演にこだわるのか?

「一番は収入です。メディアとしてネットに押されているとはいえ、日本では今もテレビがメディアの王様に他ならない。宮迫は吉本興業に所属していた頃、最盛時で月3000万円以上のギャラをもらっていた。また、手越もジャニーズ時代は毎月2000万円近いギャラを手にしていたんです」(事情通)

また、テレビ出演に関連し、CMやイベント出演の依頼も付いて来るという。

誰でも出演できるYouTubeとは違う

「スポンサーにとっては、一部の限定されたファンが見るYouTubeよりも不特定多数の視聴者に支持されるテレビの方が魅力があるんです。さらにネットよりもコンプライアンスが厳しいテレビの方が信用性が高い。強いて言えばYouTubeには誰でも出演できるが、テレビは違うんです」(芸能ライター)

もう1つ、ユーチューバーとの大きな違いは、芸能人には定年がないことだ。

「ユーチューバーは、常に時代を読み取らないと長続きできません。結果、現役として活躍できる時間は非常に短い。対して芸能人は50や60、70歳になっても勝負できるわけです」(前出・芸能プロ関係者)

後悔先に立たず。

引用元:https://weekly-jitsuwa.jp/archives/34769,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント