2大会連続で金メダルを獲得した羽生結弦選手がインタビューで言った些細な一言に日本中から感動の声…

2大会連続で金メダルを獲得した羽生結弦選手がインタビューで言った些細な一言に日本中から感動の声…

2大会連続で金メダルを獲得した羽生結弦選手

平昌五輪でフィギアスケート男子でソチ五輪に続いて金メダルを獲得した羽生結弦選手。

フィギュアスケート男子の二大会連覇はなんと66年ぶりです。

弟のようにかわいがっていた宇野選手との金、銀は日本中に感動を与えてくれました。

しかし、偉業を成し遂げた羽生選手ですが、ここまでの道のりは平らな道ではありませんでした。

2017年11月にNHK杯の練習で右足首靱帯を負傷。4カ月のブランクを経た今大会は決して万全のコンディションとはいえませんでした。

それでもケガを乗り越えて、見事に演じ切り、演技後には思わず右足に手が伸びて撫でていました。

「右足に感謝しかないです」と語る羽生選手に心から感動をおぼえました。

そんな羽生選手がもう一つ、ささいな言葉で日本人の心をゆさぶる出来事がありました。

男子フリー後のインタビューを受けた際、羽生選手はカメラの前で手荷物を下ろそうとしましたが、ふと思い出したように「国旗。国旗だけ誰か、下に置くことはできないので」とつぶやきました。

そして、国旗をスタッフに手渡してからインタビューを応じました。

ほんの一言ではありますが、羽生選手の人柄が現れた瞬間でした。

羽生結弦選手がインタビューで言った些細な一言

この謙虚な姿勢が私たちを魅了する一つなのかもしれませんね。この行動に多くのコメントが寄せられました。

ネットでの反応

引用元:https://kwsklife.com/hanyu-interview/,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント